株式会社時宝光学新聞社 - 東京都 台東区
(株式会社時宝光学新聞社)トップ

時宝光学新聞バックナンバー

時計・宝飾・補聴器・眼鏡の本格専門紙

2021年4月15日号(1707号)時宝光学新聞
1面で5月13日から15日まで250社が出展して開催される第25回神戸国際宝飾展で発表される「第5回西日本ジュエリーショップ大賞」受賞店を紹介。若手経営者部門に(株)エレガンスヨシダ(奈良県北葛城郡)、地域ドミナント部門に(株)フルミヤ(泉佐野市)、小商圏部門に(株)トムフクダ(山口市)の3店舗に決定した。
この他3面では4月6日・7日の両日東京都立産業貿易センター(浜松町館)で開催された2021年ワールドオプチカルフェア会場の模様を紹介。ウィズコロナ時代の新しい展示会の形を模索して開催された今回は来場者・売上とも昨年の6割程度となった。



2021年4月1日号(1706号)時宝光学新聞
1面で2020年の国内ジュエリー小売市場規模(日本ジュエリー協会発表)についてチャネル・アイテム別に金額・推移を掲載。前年比16.8%減の8,195億円と推計され大幅な縮小となった。この他2面ではナガホリの「ザ・ラグジュアリー」展、ジュエリーデザイナー津田珠子さんの個展をレポート。新栄商会の「春の特別展示会」、丸善の「華いちごジュエリーフェスタ」開催告知を紹介。
3面では東京眼鏡専門学校、キクチ眼鏡専門学校、ワールドオプティカルカレッジの卒業式について紹介。



2021年3月15日号(1705号)時宝光学新聞
1面で時計と文具雑貨店「TokiiRo(ときいろ)」オープンの話題を紹介。時計専門店タイムステーションNEOを展開する(株)ナカザワによる新業態店舗で表参道に初出店したもの。同社は2017年からサクラクレパスとのコラボ時計「クレパス柄トケイ」を発売し始め、今年全100色がコンプした。念願の都内進出となった同店ではクレパス柄トケイのカスタマイズコーナーを常設。カラフル・レトロ・かわいいをテーマに様々な商品展開、イベントを企画していく。
この他4面では5月13日(木)から開催予定の第25回神戸国際宝飾展(IJK)告知記事を掲載



時宝光学新聞 ご購読・バックナンバーのお問い合わせ

バックナンバーについては時宝光学新聞社・編集部までお問い合わせ下さい。
広告掲載・ご購読のお問合せはお電話・ファックス・メールにてお気軽にご連絡下さい。
見本紙希望の方には見本紙をお送り申し上げます。 なお、ご連絡の際は会社・団体名、御担当者名、ご住所、お電話番号をお知らせ下さいますよう、お願い申し上げます。

株式会社時宝光学新聞社
TEL.03-3832-4336  FAX.03-3832-4337

ページの先頭へ戻る

株式会社時宝光学新聞社/〒110-0016 東京都台東区台東4-27-5-503