株式会社時宝光学新聞社 - 東京都 台東区
(株式会社時宝光学新聞社)トップ

宝飾・時計・眼鏡・補聴器業界の最新動向をお届けします

2020年も最新の情報と業界を元気にさせる話題の
ご提供に努めて参ります

おかげ様で時宝光学新聞社は創業53年を迎えることが出来ました。
これもひとえに業界を支える皆様のご協力と本紙をご購読頂いておられます愛読者の皆様のご愛顧の賜と心より感謝申し上げます。
本年も的確な情報のご提供を通してさらに業界活性化のために微力を尽くしていく所存です。島行雄
変わらぬお引き立てのほどお願い申し上げます。
代表取締役  島行雄


転換期の業界の明日をひらく本格専門紙・時宝光学新聞

おかげ様で創業53年。
業界随一の的確な情報と話題をご提供して参ります

時宝光学新聞は、時計・宝飾・眼鏡・補聴器業界の専門紙として最新の報道と公正な論説をご提供しております。 読んでためになり、製造・卸・流通・小売と業界のあらゆる現場においてプラスになるニュースのご提供をモットーに、 常に最前線に立って業界の発展に寄与して参ります。
これからもホットな情報のご提供に努め、様々な角度から業界の未来(あす)をひらくご提案に尽力いたします。

最新号の紙面から

最新号の紙面をご紹介
2020年10月15日号 第1695号より 時宝光学新聞最新号

1面でシチズン時計の『シチズン フラッグシップストア大阪』を紹介。シチズンウオッチグループの商品を取り扱う旗艦店で、2017年に東京・銀座にオープンした「シチズン フラッグシップストア東京」に続く国内2店舗目で10月14日に大阪・心斎橋にオープンした。
この他3面では第33回国際メガネ展IOFT2020の開催告知を紹介。毎回話題の日本メガネベストドレッサー賞受賞者が発表されている。
また、4面では名古屋の認定補聴器専門店・アンプリライブが岩手県陸前高田市社協に福祉用マイクロバス寄贈の話題を紹介。補聴器や介護・福祉用品を通じて社会貢献を目指す同社は東日本大震災の被災地である岩手県陸前高田市へ9年連続で寄付を続けており、今まで積み立てられた寄付金総額が一千万円を超えたことで福祉用マイクロバスを寄贈した。バスは名古屋弁で「久しぶり」という意味を入れて「やっとかめ号」と名付けられた。

株式会社時宝光学新聞社

本  社  〒110-0016 東京都台東区台東4-27-5-503
            TEL.03-3832-4336  FAX.03-3832-4337 お問い合わせ

掲載記事・取材・広告につきましてお気軽にお問合せ下さい。鋭意紙面に反映させて参ります。

ページの先頭へ戻る

株式会社時宝光学新聞社/〒110-0016 東京都台東区台東4-27-5-503